TOP

スポンサーKataribe

【イヤホン】フラッグシップモデル「IE60」&「IE80」徹底比較 買うならどっち? ~IE80編~

Sennheiser(ゼンハイザー)社のフラッグシップモデル、「IE60」と「IE80」に関するレビュー記事です。本記事では、IE80についてのレビューを掲載しています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

【IE80のスペック】
・販売価格:¥32,000~¥40,000
・サウンド:抜群に強調された低域。ドンシャリ系のダイナミックなサウンド。
・リケーブル:可
・その他:低域ブースト可

IE80の特徴はズバリ「低音」。そしてIE60からは排されている「リケーブル」の2点です。シルバー×グレーを基調としたスマートなルックスが印象的なモデルですが、その見た目に反してパンチの聴いたローを聞かせるIE80。シンプルに低域のボリューム感を求めるユーザーには、これ以上にないベストな選択となるでしょう。

デフォルトでも十分過ぎるほどの低音が出るモデルですが、驚くなかれ、側面の調節ネジで+αのベース・ブーストをかけることが可能。低音マニアにはたまらない仕様となっています。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

そんな個性の強いサウンド・キャラクターもあり、元々低域が強調されているようなミックスの音楽をIE80で聴くと、「音がこもっている」と感じるユーザーさんも少なくないかと思います。例えばベーシックな歌モノのポップス/ロックを聴いた際、もっとボーカルが聴こえてほしい」と感じるのならば、IE80よりもIE60の方が、あなたのリスニング環境にマッチすることでしょう。

リケーブルについては、断線回避のリスク軽減は勿論、ケーブルを変えることによってサウンドが変化するという一説もあるので、IE80を購入してケーブルをカスタマイズする、というのも面白いかもしれません。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

「兎に角低音が出るモデルが欲しい」「イヤホン選びにおいてリケーブルは必須」「ケーブルをカスタムして自分だけのイヤホンを使いたい」そんなユーザーさんには、IE80が良きパートナーとなる筈。試聴の際には是非お手持ちの音楽プレーヤーを片手に、IE60とIE80を比べて聴いてみて下さいね。

【イヤホン】フラッグシップモデル「IE60」&「IE80」徹底比較 買うならどっち? ~IE60編~

Sennheiser(ゼンハイザー)社のフラッグシップモデル、「IE60」と「IE80」に関するレビュー記事です。本記事では、IE60についてのレビューを掲載しています。【IE60のスペック】・販売価...
by lantanaquamara_so 2014-11-18 18:31

.

最終更新日:2014-11-18 18:34

コメント (0)